ココロが躍る方へ、32歳、移住しました。

2019.05.07

コンテンツ

初めまして。

4月より陸前高田市へ移住し高田暮舎のスタッフとなりました、長崎県出身の田中です。

 

高田暮らしを始めて1ヶ月が経ちました。

 

「何でこんなとこさ、移住してきたの?」

よく地域の方々からそう言われます。

 

今回は初めてなので、陸前高田に関わるようになったきっかけ、そして移住を決断した思いを綴りたいと思います。

 

陸前高田に移住する前までの話を簡単にしますと…

保育士を辞めた後、全国を旅し、熊本地震をきっかけに各地で災害支援を2年間行い、その時のご縁で2017年から宮城県石巻市で働いていました。

 

災害支援時代に出会った男子大学生が石巻に遊びに来てくれた時、石巻で3泊する予定が急きょ1泊を気仙沼のゲストハウスですることになり、気まぐれでついていったのが最初のきっかけです。

そのゲストハウスで、自然の中で子ども遊びをしたいという関東の大学生に出会い、陸前高田へ通うようになりました。

 

畑だった空き地を遊び場にしたり

地域の人たちと飲んだり

関東から遊びに来る若者とわずか18世帯の地域の人たちと一緒に盆踊りを復活させたり

少しづつ「住んだら楽しそうだな」と思うようになりました。

 

移住するかどうか迷っていた12月、移住を決断したのは、ある移住者の言葉でした。

「震災からもうすぐ8年。被災地ではなく、面白いことをやってる田舎があるなぁって思って欲しいんだよね」

 

自分は、陸前高田が被災地という認識をあまり思っていません。

人口が2万人を下回った田舎。

そんな田舎で、地域の人たちと、自由に面白いことやりてぇなー。

陸前高田のために、というよりも、このココロ躍る感覚、ワクワクセンサーの導く方へ、気づけば心が動いていました。

 

陸前高田に通うようになって1年で移住。

「スピード婚じゃん」って表現した人もいました。

 

まだ陸前高田の魅力は何って聞かれてもあまり答えられません。

 

『移住してこんなことやりたい』

『地域のためになりたい』

『出会った地域の人たちと一緒に生活したい』

 

移住したい理由は様々ですが

 

『何か面白そう』

 

そのココロ躍った直感を頼りに〝ただ移住する〟ってのもあっていいんじゃないかと思います。

 

みなさんは最近ココロ躍ったできごとはありましたか?

執筆者プロフィール

田中 大樹

1986年生まれ / 長崎県佐世保市出身 / 2019年4月に移住 陸前高田に遊びに行くようになり、1年後に移住。高田暮舎では空き家バンクを担当している。保育士・土木作業員・災害ボランティア・日本全国旅などを経て今に至る。ドライブが好きで好奇心旺盛、陸前高田中を駆け回って高田暮らしを満喫しているアクティブな暇人。