田舎で暮らすということは

2019.10.02

コンテンツ

陸前高田で生活をしながら空き家バンクの仕事をして半年。

自分が住む空き家も無事に見つかりました。

 

いい機会なので4月からの田舎暮らしをふっと振り返ってみようと思います。

 

田舎で暮らすということは

 

車がないと移動が不便

 

クモの巣を払ってもすぐ新しいのができている

 

家の近くにクマが出る

 

「○○の人は○○だからなぁ」と同じ市内でも自分の地域以外をライバル視してる

 

異性と一緒にいるとすぐ「あのこは彼女か」って言われる

 

 

だけど

 

田舎で暮らすということは

 

自然の変化が身近で四季を感じられる

 

シカが道路にいても動じなくなる

 

カフェや飲食店は一度行ったら常連さん

 

「ずっとここに住むのか?」「結婚相手はいるのか?」と自分の将来を真剣に心配してくれる

 

些細な環境の変化に気づくことができる

 

そして

 

空き家に住むということは

 

元家主の家族や親せきが訪ねてきて「あなたが住んでくれてよかったぁ」と喜んでもらえる

 

ご近所さんが「ご飯食べにおいで」「何かあったら相談してね」と快く受け入れてくれる

 

残った家財を見ると前に住んでいた方の物語を感じられる

 

この空き家で次はどんなストーリーを描こうかとワクワクする

 

そんなこんなを感じて生きた半年でした。

 

執筆者プロフィール

田中 大樹

1986年生まれ / 長崎県佐世保市出身 / 2019年4月に移住 陸前高田に遊びに行くようになり、1年後に移住。高田暮舎では空き家バンクを担当している。保育士・土木作業員・災害ボランティア・日本全国旅などを経て今に至る。ドライブが好きで好奇心旺盛、陸前高田中を駆け回って高田暮らしを満喫しているアクティブな暇人。