ご近所づきあい

2020.06.19

コンテンツ

陸前高田での2回目の夏が到来。

昨年も思ったけど九州より過ごしやすい夏ですね。

 

地元九州の熱帯夜が懐かしい田中です。

 

田舎ではご近所づきあいが都会に比べて多いです。

ありがたいことに野菜をいただいたり、ふらっとお散歩にいらっしゃったり、地域の行事ごとの時に声をかけてくれたり。

下の写真は、地域の草刈りに行った時の田園風景。

朝5時からの草刈りは最高に清々しかったです。

 

他にも都会では味わえない田舎ならではのご近所づきあいがあるんです。

 

友達と開墾した庭の畑。

いただいたナスや唐辛子の苗を植えました。

夏の収穫を楽しみに水やりをして3日目。

見事に全苗の葉っぱを食べられてました。

私より先にこの地域に住んでいたご近所さん、シカに。

 

他にも

冬から春にかけて、部屋の暖かい場所を占領するご近所さん、カメムシ。

おすそ分けの野菜などを勝手に食べるご近所さん、アリ。

夜になると一斉に唄いだすご近所さん、カエル。

 

田舎はご近所さんが賑やかで楽しいです。

執筆者プロフィール

田中 大樹

1986年生まれ / 長崎県佐世保市出身 / 2019年4月に移住 陸前高田に遊びに行くようになり、1年後に移住。高田暮舎では空き家バンクを担当している。保育士・土木作業員・災害ボランティア・日本全国旅などを経て今に至る。色々とやってみたいと挑戦している今日この頃。