初めまして&『フレスコボール』やってみました。

2020.10.22

コンテンツ

はじめまして!

2020年10月から陸前高田市の地域おこし協力隊に着任し、

高田暮舎にて移住コンシェルジュとして働かせていただいている高橋瞳と申します。

 

千葉から、全くゆかりの無かった岩手に移住して3週間。

慣れないながらも、いろんな方に助けていただきながら新しい環境を楽しんでいます。

(陸前高田のみなさんの優しさをひしひしと感じている毎日です…!)

 

先日、「休日何しよう、楽しいことないかな~」と思っていたところ、「フレスコボールというスポーツのラケット作りをやるよ!」と教えていただきました。

”フレスコボール”、恐らく初耳の方が大半ではないでしょうか。

私もその一人だったのですが、なんか面白そう!と思い、飛び入り参加をさせていただくことに。笑

 

ちなみに、

【フレスコボールとは?】

ブラジルのリオデジャネイロ発祥のラケットスポーツ。

味方同士でラリーを続けるため、相手の打ちやすい所へとボールを打ち返すことが重要視されます。

そのため、「思いやりのスポーツ」とも言われています。素敵ですね!

 

今回は、陸前高田の「杉の家はこね」でラケット作りをさせていただきました。

流れはざっとこんな感じです。

 

①板に鉛筆で型を取る

②線に沿って切る

③やすりでなめらかに

④完成!

 

簡単に、自分の手に合うラケット作りができて大満足です。

(不器用な私でも作れたので、どなたでも楽しめること間違いなしです!笑)

 

先日、早速近くの海で、出勤前の朝活フレスコを楽しんできました。

もっと上手くなりたいな~。

執筆者プロフィール

高橋瞳

1997年早生まれ/千葉県出身/2020年9月末にIターン移住/人材会社で約1年半働いた後、陸前高田市の地域おこし協力隊に着任。高田暮舎では、移住コンシェルジュを担当/旅やアクティビティ、新しい体験が好きなマイペース人間です