陸前高田の好きなところ。

2020.12.10

コンテンツ

最近一段と寒くなってきましたね。

見栄えより暖かさ重視で、上着やらズボンやらを2重に着込むようになってきた高橋です。

 

千葉から移住をしてきてはや2か月。信じられません。

大学時代も時間が経つ速さに驚いていましたが、なんだかより加速している気がします。

そんな焦りも少し感じつつ、充実しているからこその感覚なのかなとも思いながら日々楽しく過ごしています。

 

個人的に陸前高田好きだなあと思っているところの一つが、「いろんな体験をする機会がある」ことです。

11月も振り返ってみると、いろいろありました。

 

◆みちのく潮風トレイル

越喜来のコース約10kmを歩きました。

こちらに来てから車での移動がほとんどでしたが、歩くからこそ出会える人や音、景色があるのだと改めて実感。

 

◆雪っこアレンジ研究会

陸前高田では有名なお酒「雪っこ」。

その雪っこがどんな割りものと合うのか合わないのか、十数種の飲み物を用意して検証するという楽しいイベントに参加させていただきました。

結果:ピーチティーやエナジードリンクなど、意外なものとも相性抜群!

 

◆北限のゆず狩り

実は立派なトゲがあるゆず!香りが最高です。

 

◆太鼓交流会

実は最近、ゆるっと太鼓をはじめました。

ザ・初心者ですが、優しい先輩方に教わりながら、週一でドンドン叩いてます。

気軽な見学のつもりが、意外に楽しくて居ついてしまいました。笑

 

◆海中熟成酒果実酒づくり

半年海中で熟成させたホワイトリカーに、採れたてのりんごを漬け込んできました。

飲み時は半年後。夏が待ち遠しいです。

 

そんなこんなで、平日は仕事でバタバタ、休日は楽し気なイベントにつられてあっちこっちへ出歩いている内に12月がやってきました。

自分でもアンテナ張ってはいるのですが、何かイベントなどあったらぜひ教えてもらえたら、とっても嬉しいです。

 

2020年も残りわずか。

最後までマイペースに走りぬきます!

執筆者プロフィール

高橋瞳

1997年早生まれ/千葉県出身/2020年9月末にIターン移住/人材会社で約1年半働いた後、陸前高田市の地域おこし協力隊に着任。高田暮舎では、移住コンシェルジュを担当/旅やアクティビティ、新しい体験が好きなマイペース人間です