移住ショックに見舞われました。

2021.01.14

コンテンツ

こんにちは。

千葉から移住して3か月が経ち、陸前高田で初の冬を経験している高橋です。


移住してきたその年に、まさかの大寒波襲来。つらいです。

その上、個人的にショッキングな事件が2つ起きました。


①車のフロントガラスヒビ割れ事件

ごはんが美味しく、海や星空が綺麗な陸前高田。

好きなところが沢山ある一方で、鹿やタヌキが道路に飛び出してきたり、凍結した道で車が滑ったりと、いろいろ注意しなくてはいけないこともあると聞いていました。

 

が、飛び石きっかけで30cmもの巨大なヒビが入ってしまうのは想定外。

確かにトラックはちょこちょこ見かけた記憶が…。

恐らく最初は小さかったヒビが、気づいた時にはもう手遅れでした。

飛び石、要注意です(涙)


②家の水道ほぼ全滅事件

大寒波に見舞われた年末年始。

現在お借りして住んでいるおうちの水道が、すべて凍りました。

洗面台、キッチン、お手洗い、風呂場…それぞれの水と湯が全滅でした。

唯一生き残っていたのは、お湯を溜めたまま電源を入れていた湯船のみ。


1
2時間ほど温めようと格闘したものの、一滴も出ず、水道屋さんにお願いしました。

 

【水道屋さんに教わった凍結防止策】

・水と湯はそれぞれで抜き切る(構造上抜けづらいこともあるので注意)

・小さな栓がついている場合は、そこも開けて水を抜く

・洗濯機はホースも取っておく など

痛い目を見ながら、いろいろと学んだ年末年始でした。


2021
年も前を向いて頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

執筆者プロフィール

高橋瞳

1997年早生まれ/千葉県出身/2020年9月末にIターン移住/人材会社で約1年半働いた後、陸前高田市の地域おこし協力隊に着任。高田暮舎では、移住コンシェルジュを担当/旅やアクティビティ、新しい体験が好きなマイペース人間です