遠くなって、近くなった

2021.07.16

コンテンツ

あなただけ、こんにちは。
腰痛と目の疲れ、一言で表現すると「老化」を感じております渡辺です。
今日もこのコラムを通じて移住を検討されている方に、少しでも移住後の暮しのイメージが伝わることを願い、キーボードをタンッ!しております。


陸前高田も梅雨の時期です。
夜に仕事から帰宅するといつもアマガエルが玄関扉にへばり付いて出迎えてくれます。

さて、移住して実家によく贈り物をするようになりました。
陸前高田の特産品や、小岩井農場のチーズやお菓子、南部鉄器の風鈴などなど、目に付いたものや観光ついでにお土産を買って送っています。生存報告も兼ねて(笑)
そのお返しに地元のお菓子や、一人暮らしに嬉しい食料などが送られてきます。

つまみにもなる煎餅です。

そうめんはやっぱり揖保乃糸なんですねー。
蒸し暑いこの時期にとんでもなく美味しいですね。

実家を出てから移住前は、帰ろうと思えば直ぐに帰れる距離だったので、かしこまって送る物も特にないし、連絡も用があればする程度だったんです
遠くなって、近くなった。
最近、母はLINEも始めたようです笑

執筆者プロフィール

渡辺聡

1978年8月7日生まれ/東京都葛飾区出身/2021年2月末にIターンで移住/前職ではまんがネットカフェの店舗運営、設備商品管理を担当。転職を機に移住を決意。4月から陸前高田市の地域おこし協力隊に着任/みんなでワイワイも一人でボーとも好き。将棋友達は常に募集中。