暮らしの知恵のおすそわけ

2022.12.16

コンテンツ

こんにちは!自然あそび保育モリノネの松田妃菜です。
陸前高田には2013年から繰り返し遊びに来ているうちに、2019年に移住することにしました。
そして今年、自然の中での活動を中心とした、暮らしや文化を大切にする保育施設を立ち上げました。

さて、我が家には畑の端に柿の木があり、今年もたくさん実がなりました。
ある日、春に一緒に梅を収穫して梅干し作りを教えてくれたご近所のAさんから、「干し柿は作らないの?」と声をかけていただきました。Aさんに背中を押され着手し、それらしい柿の姿に。

橙色のまあるい柿がなんともかわいい。だんだんと干し柿らしい姿になっていくのを見て、完成を心待ちにする日々。
そんな中、実家に1週間ほど帰省して家に戻ってくると、干していた柿がなくなっていました。動物に食べられたのか、風に飛ばされたのか…。
そこへ、近所のBさんから電話が。
「ひなちゃん、実家に帰省するって言ってたよね。干し柿が雨に濡れてしまうと思ってうちで干してるから!」
翌日、元の場所に干し柿が戻り、玄関先には立派な大根が置かれていました。

大根にコトコト味が染みていくのを見ながら、きっと暮らしの知恵を日々おすそわけしてもらっているのだなと、心にもじんわり沁み込んでいきます。
季節のものを食べることやおいしく保存すること、お天気が変わるときの空と空気の模様、道具の使い方やお手入れの方法、地域で人と暮らすこと…。

モリノネでも子どもたちが遊んでいる横で干し柿づくり。収穫した柿は古道具のかごの中に。
古道具・家財は高田暮舎さんからいただいたものを子どもたちとゴシゴシ洗って大切に使わせてもらっています。
これからの子どもたちとの暮らしもきっと楽しくなるでしょう。

モリノネは陸前高田の方もご利用できますよ!
活動の様子はコチラ
Instagram:https://www.instagram.com/mo.ri.no.ne/
Facebook:https://www.facebook.com/k.morinone

【プロフィール】
松田妃菜
1993年生まれ / 兵庫県宝塚市出身 / 自然あそび保育モリノネ1月10日プレオープン! / おいしいごはんとお酒が好き

\松田妃菜さんの移住の経緯や想いは、こちらをチェック/

2020.2.20 移住者インタビュー記事
通う人から住む人へ。みんなが「いていい」と思える居場所づくりをしたい

 

執筆者プロフィール

高橋瞳

1997年早生まれ/千葉県出身/2020年9月末にIターン移住/人材会社で約1年半働いた後、陸前高田市の地域おこし協力隊に着任。高田暮舎では、移住コンシェルジュを担当/旅やアクティビティ、新しい体験が好きなマイペース人間です